諏訪神社

諏訪神社

諏訪神社(安曇野市豊科高家中曽根)

すわじんじゃ

安曇野市の旧豊科、高塚中曽根地区に建つ諏訪神社。
田畑に囲まれた集落の片隅に建っている。
社叢が茂った社地の前には小さな川が流れ、石橋を渡って鳥居を潜っていく。

木造の明神鳥居の正面には、千度石。
切妻平入の拝殿が建っている。安曇野付近の神社ではよく見られる一般的な形で、拝殿の後ろには塀に囲まれた本殿が建っている。

本殿は一間社流造。建築年代は江戸時代中期の1743年。
特に装飾も無く、縁や脇障子なども無い比較的簡素な建築となっている。

諏訪神社

所在地安曇野市豊科高家中曽根
ホームページナシ
祭神健御名方命・事代主命
本殿寛保3年(1743)
大工内田久之丞
建築様式一間社 流造 銅板葺
ページトップへ