八幡宮

神社建築サイトおみやさんcom
八幡宮

八幡宮(安曇野市豊科南穂高重柳)

はちまんぐう

  • 八幡宮
  • Add to Flipboard Magazine.

八幡宮 安曇野市の重柳地区にある八幡宮。
住宅に囲まれて建ち、近くには穂高川の支流が流れている。
秋の例大祭では、舟の形をした山車が地区を曳航することでも知られる。
入口には大きな石造の明神鳥居が建ち、社地内には千度石が置かれている。

八幡宮 拝殿は平入りの切妻造。
拝殿の後ろには瑞垣に囲まれた本殿が建っている。
素木造の一間社流造で、蟇股、頭貫上部に彫刻がある以外は、特に派手な装飾は無い。
正面には五級の木階、続いて側面にまで縁が回され脇障子が立てられているが彫刻は無い。
全体の印象として簡素で落ち着きのある社殿となっている。

八幡宮 八幡宮

所在地安曇野市豊科南穂高重柳
ホームページナシ
祭神誉田別命
本殿天保7年(1836) 棟札
建築様式一間社 流造 銅板葺
  • 八幡宮
  • Add to Flipboard Magazine.
ページトップへ