大和泉神社

神社建築サイトおみやさんcom
大和泉神社

大和泉神社(上伊那郡南箕輪村2462)

おいずみじんじゃ

  • 大和泉神社
  • Add to Flipboard Magazine.

大和泉神社 南アルプスを見渡すことのできる、南箕輪村の国道88号線脇に大和泉神社は建っている。
数件の住宅と社叢に囲まれた静かな場所にある神社で、一度焼失したものを1839年に再建した。
入口には木製の両部鳥居が建ち、正面に入母屋平入の拝殿がある。

大和泉神社 大和泉神社

背後の覆屋の中に建つ本殿は、立川流の小口直四郎が手掛けた一間社流造。
正面の向拝には軒唐破風が設けられ、壁面には竹林七賢人の彫刻、脇障子には許由巣父の彫刻が取り付けられている。
人物中心の彫刻が多く用いられる小口直四郎の建築らしく、向拝の水引虹梁上には費長房仙人、軒唐破風内には麒麟が彫られている。

覆屋の横にある瘡守稲荷社は、建てられた年代は分かっていないが、原直八が手掛けたと伝えられている。
本格的な組物が使われた精巧な社殿となっている。

所在地上伊那郡南箕輪村2462
ホームページナシ
祭神建御名方命・八坂刀売命
本殿村指定文化財
文政12年(1839)
大工小口直四郎
建築様式一間社 流造 柿葺
瘡守稲荷社村指定文化財
寛政9年(1797)
大工原直八
建築様式一間社 流造
  • 大和泉神社
  • Add to Flipboard Magazine.
ページトップへ