普光峻徳神社白山社

神社建築サイトおみやさんcom
  1. おみやさんcomトップ >
  2. 北信地域 >
  3. 飯綱町 >
  4. 普光峻徳神社白山社

普光峻徳神社白山社

ふこうしゅんとくじんじゃはくさんしゃ

上水内郡飯綱町大字普光寺諏訪峯2325・2326

  • 普光峻徳神社白山社

普光峻徳神社白山社 飯綱町を見渡す傾斜地に社叢を持った普光寺の峻徳神社。
その地名から普光峻徳神社と呼ばれ、猿田彦大神を祀る石碑が建てられている。
神社の入口には木造の両部鳥居が建てられている。
この新しい鳥居を潜り、草の茂った参道を進むと、社叢へと続く石段がある。

普光峻徳神社白山社 普光峻徳神社白山社

普光峻徳神社の社殿は比較的新しく、大きな入母屋屋根の拝殿が正面に建っている。
拝殿の背後には石段が続き、本殿を覆屋で囲っている。

普光峻徳神社白山社 普光峻徳神社白山社

社地の隅に置かれた白山社は、加賀国白山神社から勧請され、濃厚の神として祀られている。
江戸時代末期には損傷が激しくなったために、建物後部の軒を切り落として上屋を掛け、明治初期に現在の場所へ移したと考えられている。
小規模な一間社流造の様式で、全体的に彩色が良く残った桃山時代風の社殿となっている。

所在地上水内郡飯綱町大字普光寺諏訪峯2325・2326
ホームページナシ
祭神白山姫命
本殿町指定文化財
江戸時代享保年間
建築様式一間社 流造 鉄板葺
  • 普光峻徳神社白山社
ページトップへ
長野県の神社建築専門サイトおみやさんcom
copyright (c) 2006-20 omiyasan.com all right reserved