箕輪南宮神社

神社建築サイトおみやさんcom

箕輪南宮神社

みのわなんぐうじんじゃ

上伊那郡箕輪町中箕輪12500

  • 箕輪南宮神社

箕輪南宮神社 JR飯田線、木ノ下駅の近くに南宮神社が建っている。
鳥居は社地の南側と、西側に小振りな明神鳥居がある。
もともと箕輪村三十三郷の総社として祀られており、春宮とも呼ばれており、秋宮は天竜川の対岸の三日町にあるという。

箕輪南宮神社 拝殿は梁間・桁行きが1間ずつ。屋根には唐破風が設けられた銅板葺きとなっており、左右に片拝殿が置かれている。 背後の覆屋の中に大隅流の本殿があり、1797年に建てられた町指定文化財。
一間社流造で前後左右の4方向に縁が廻されており、高欄が取り付けられている。

所在地上伊那郡箕輪町中箕輪12500
ホームページナシ
祭神建御名方命・八坂刀売命
本殿町指定文化財
寛政9年(1797)
大工伊藤長左衛門
建築様式一間社 流造
  • 箕輪南宮神社
ページトップへ
長野県の神社建築専門サイトおみやさんcom
copyright (c) 2006-20 omiyasan.com all right reserved