日置神社金比羅社

神社建築サイトおみやさんcom
  1. >
  2. >
  3. >
  4. 日置神社金比羅社
日置神社金比羅社

日置神社金比羅社(東筑摩郡生坂村北陸郷日岐8699)

ひおきじんじゃこんぴらしゃ

  • 日置神社金比羅社
  • Add to Flipboard Magazine.

日置神社金比羅社 犀川を挟んだ国道19号線の向かい側、生坂村北陸郷日岐に日置神社は建っている。
入口には木造の両部鳥居が建っており、右側には絵馬殿、左側には境内社が収められた長細い建物がある。

日置神社金比羅社 日置神社金比羅社

拝殿は規模の小さな切妻造りで、背後には本殿を収めた覆屋が建てられている。

日置神社金比羅社 金比羅社は、社地の西側に置かれた桁裄の長い建物の中に置かれている。
左右に広がる建物にはいくつもの小さな社殿が置かれており、中心の格子扉の中に金比羅社がある。

日置神社金比羅社 日置神社金比羅社

金比羅社は1855年に建てられた一間社流造。
立川流の大工、浅川豊八が手掛けたもので、正面向拝下の彫刻がとても迫力がある。
正面には木階が付けられ、側面には縁が廻され、脇障子が取り付けられているが彫刻は無い。
木鼻には獅子と獏が取り付けられ、母屋は丸柱が使われているが、向拝は面取りの角柱となっている。

所在地東筑摩郡生坂村北陸郷日岐8699
ホームページナシ
祭神彦火火出見尊・天照皇大神・菅原道眞
本殿村指定文化財
安政2年(1855)
大工浅川豊八
建築様式一間社 流造 柿葺
  • 日置神社金比羅社
  • Add to Flipboard Magazine.
ページトップへ