源関神社

神社建築サイトおみやさんcom
源関神社

源関神社(長野市松代町豊栄428)

げんせきじんじゃ

  • 源関神社
  • Add to Flipboard Magazine.

源関神社-長野市 源関神社は、その昔、諏訪の神氏の一族である関氏が奉斎したと伝えられている。
江戸時代のこの地方の鎮守となっている。
松代藩の城下町より東側の地蔵峠へ向かう集落の中に建ち、木造の大きな明神鳥居が建っている。

源関神社-長野市 源関神社-長野市

源関神社-長野市 鳥居を潜った社地の正面に拝殿が建ち、正面を向いて左側には小型の境内社を祭った小屋が建ち、本殿は拝殿の背後の覆屋の中に建っている。
外部からは本殿の様子を垣間見ることはできないが、3棟の本殿が設けられ、中央には皇大神宮、右側には住吉社、左側には源関神社の本殿が建つ。

源関神社-長野市 本殿の様式は一間社の流造。
素朴な形式で、柱等の風食が甚だしいとされている。
そのため、非常に古い建築の雰囲気を持っているが、様式は江戸時代前期の建築と推定されている。

源関神社

所在地長野市松代町豊栄428
ホームページなし
本殿市指定文化財
延宝6年(1678)棟札
大工新村藤之丞・金沢与七郎・新村市之助
建築様式一間社 流造 流板葺 一棟
  • 源関神社
  • Add to Flipboard Magazine.
ページトップへ