気比神宮

神社建築サイトおみやさんcom
気比神宮

気比神宮(福井県敦賀市曙町11-68)

けひじんぐう

  • 気比神宮
  • Add to Flipboard Magazine.

気比神宮 福井県敦賀市の中心地に建つ気比神宮は、2千年以上も前から、この場所に鎮座していたそうだ。
特にどういったところが見所で、どこが見るべきところなのかということも無いのだけれど、由緒のある名の知られた神社なので、1度は訪れてみたいと思っていた。

神社の前には大きな通りがあり、砂持神事の銅像が建っている。
入り口には、赤く大きな明神鳥居。

気比神宮 これは気比の大鳥居として以前は国宝にも指定されていた全高11mほどの木造のもので、西暦810年に東側の参道に建てられたという。
その後、何度か災害などで倒壊をしているが、1645年に西門に建てられたものが現在のもの。
新潟県佐渡島の鳥居ヶ原から伐採された木材で作られたそうだ。
現在では重要文化財に指定されている。

朱色の大鳥居を潜ると、50mほどの参道が続く。
参道の横に植わっている木の枝が参道を覆い、ハトが脇を歩く。
長野市の善光寺のようにたくさんのハトが群がるというわけではないが、社寺とハトは合うような気持ちになる。
参道の先には、左手に二の鳥居が建ち、明るく開けた敷地が広がる。
右手には松尾芭蕉の銅像が建ち、梅の木、池、天然記念物に指定されているユーカリの木。
前日に降っただろう雪がうっすらと広がっていた。

気比神宮 二の鳥居の奥には、塀に囲まれた社殿が建っている。
玉砂利の中央に石畳が通り、正面の左手にはいくつもの境内社、右手には菊の紋がついた門が開いていた。
社殿は柱を朱色、壁を真っ白に塗った華やかなものだった。
切妻の屋根がカスケード状に横に広がった形で、拝殿の奥には床の高い本殿が見えた。

気比神宮 裏に回ってみると、千木と鰹木の乗った覆屋があった。
長野県内で見られる神明宮は、鰹木と千木の付いた社殿は神明鳥居で社地が始まる。
神明宮や神宮のような神社は、全て水平な島木を2本持つ神明鳥居であると思っていた。
ところが、この気比神宮については入り口の大鳥居は4つの支柱を持ち、笠木や島木を持つ明神鳥居。
鳥居と社殿、社名から新鮮さを感じた。

気比神宮 気比神宮

本殿、拝殿の横に続く境内社はおよそ10個ほど。
最奥には、伊勢の神宮のように内宮と外宮が設けられ、上屋がかけられている。

気比神宮

祭神伊奢沙別命
所在地福井県敦賀市曙町11-68
ホームページhttp://kehijingu.jp/
  • 気比神宮
  • Add to Flipboard Magazine.
ページトップへ