智児神社

神社建築サイトおみやさんcom

智児神社

ちごじんじゃ

上伊那郡辰野町大字伊那富字山際2043番

  • 智児神社

智児神社 国道153号線、三州街道の伊那富に智児神社は建っている。
左右を山に囲まれた街道沿いの集落で、神社は山を背にするように建つ。
入口には石造の鳥居が建っており、参道がまっすぐに延びる左右に広く社地が開いている。

智児神社 社殿の前には2本の柱が建ち、石段を上ると拝殿。
寄棟造の拝殿は、正面入り口に切妻の庇を設け、賽銭箱は床に四角い穴を開け、桟を付ける形で埋まっている。

智児神社 本殿にかかっている覆屋には、新築した際の棟札が残っており、本殿と同年の建築と推定されている。
全体に宝暦期の素木造にみられるような、花鳥の彫刻をつけている。

智児神社

所在地上伊那郡辰野町大字伊那富字山際2043番
ホームページなし
本殿宝暦4年(1754)
建築様式一間社 流造 柿葺
  • 智児神社
ページトップへ
長野県の神社建築専門サイトおみやさんcom
copyright (c) 2006-19 omiyasan.com all right reserved