下黒田諏訪神社

神社建築サイトおみやさんcom
  1. >
  2. >
  3. >
  4. 下黒田諏訪神社
下黒田諏訪神社

下黒田諏訪神社(飯田市上郷黒田2346)

しもくろだすわじんじゃ

  • 下黒田諏訪神社
  • Add to Flipboard Magazine.

黒田人形浄瑠璃で知られる飯田市の諏訪神社。
300年の歴史があり、国指定重要有形民俗文化財にも指定されている人形浄瑠璃。
飯田は京都と江戸の間に位置するために、東西の文化が流れ込みやすい土地になっていたそうで、飯田周辺には三河などの文化が見られるところもある。
京都方面から流れてきた浄瑠璃は飯田で受け入れられ、人形の為に田畑さえ売り払うまでいたという。

下黒田諏訪神社 下黒田諏訪神社

下黒田諏訪神社石段から続く参道を歩き、明神鳥居を潜ると社地が広がる。
右手にある人形舞台は、1840年に建てられたもので、総2階建て。
亀甲梁という、テコの原理を利用しての正面に柱のない構造となっている。
人形舞台としての建築年代の古さや、規模、装置などから建築史的に貴重なものとされている。

下黒田諏訪神社 切妻屋根の拝殿の背後には、覆屋の内部に本殿。
江戸時代に建立された一間社流造で市指定の文化財に指定されている。
向拝下の梁の龍の彫刻や、脇障子などに細かな装飾がみられる。

下黒田諏訪神社 下黒田諏訪神社

下黒田諏訪神社

所在地飯田市上郷黒田2346
ホームページなし
人形舞台天保11年(1840)
建築様式間口8間奥行き4間 総2階 瓦葺き 出桁造
本殿市指定文化財
慶応元年(1865)
建築様式一間社 流造 銅板葺
  • 下黒田諏訪神社
  • Add to Flipboard Magazine.
ページトップへ