正大岡神社

神社建築サイトおみやさんcom

正大岡神社

まさおおおかじんじゃ

長野市大岡乙4966

  • 正大岡神社

正大岡神社 正大岡神社は、山に囲まれた旧大岡村の中に建っている。
遺跡として、たくさんの出土品が見られた場所だそうで、祭祀の場所になっていたのではないかと考えられている。
神社の周りは深い山の緑に囲まれ、斜面に段々と広がる田畑の見える気持ちの良い場所にある。
入り口には真っ赤な木製の胃両部鳥居。
杉の真っ直ぐに伸びた社叢に囲まれた参道を過ぎると、入母屋の拝殿の正面に出る。
拝殿はだいぶ老朽化が進んでいるようで、四隅の柱が傾いているようだ。

正大岡神社 正大岡神社

正大岡神社 本殿は、拝殿背後の覆屋の中に建つ一間社流造。
しっかりと囲われているため、外部から様子を伺うことが出来ない。
棟札から江戸時代中期の1777年の建立とされている。

正大岡神社

所在地長野市大岡乙4966
ホームページなし
祭神健御名方命・八坂斗売命・倉稲魂命
本殿安永6年(1777)棟札
大工山岸文左衛門
建築様式一間社 流造 柿葺
  • 正大岡神社
ページトップへ
長野県の神社建築専門サイトおみやさんcom
copyright (c) 2006-20 omiyasan.com all right reserved