熊野皇大神社

神社建築サイトおみやさんcom
熊野皇大神社

熊野皇大神社(北佐久郡軽井沢町大字峠町碓氷峠1)

くまのこうだいじんじゃ

  • 熊野皇大神社
  • Add to Flipboard Magazine.

熊野皇大神社 熊野皇大神社は、長野県と群馬県の県境、碓氷峠に鎮座している。建立されている3つの社殿の中で、もっとも東側に位置する新宮のみ群馬県に位置し、残りの本宮、那智宮は長野県という配置になっている。
碓井峠頂上には、熊野皇大神社のために設けられた駐車場は無い。

熊野皇大神社 峠の頂上に鎮座
社殿には、コンクリートで作られた鳥居をくぐり、石段を上る。
碓氷峠の頂上に鎮座しているだけあり、眺めとしては群馬県方向を一望でき、社殿そのもの以外にも楽しめる。

熊野皇大神社 妻入りの三社殿
階段を上りると正面に3つの社殿が建っている。
左から那智宮、本宮、新宮の順に建ち、江戸時代末期の建築様式を残す社殿となっている。
どれも素木造の落ち着いたもので、本殿の前に妻入りの拝殿が建っている。

熊野皇大神社 熊野皇大神社

熊野皇大神社 本宮本殿は、母屋の組物や中備、脇障子などに彫刻を用い、江戸時代末期の様式を残している。
棟札が弘化3年のものに該当すると推測されている。
本殿と拝殿のともに彫刻が用いられているため、同年代のものと考えられている。
熊野皇大神社 また、那智宮についても、本宮の本殿と似た形式が用いられており、建築年代も同年代と考えられているが、拝殿の正面の中備に彫刻の入った蟇股などが、本宮の拝殿より古風なものと言われている。

熊野皇大神社社地内にはいくつかの境内社が設けられており、また参道にも文化財や石塔などがあるため、神社建築として以外にも、文化的なものに触れることができる神社である。

熊野皇大神社

所在地北佐久郡軽井沢町大字峠町碓氷峠1
ホームページなし
本宮本殿 弘化3年(1846)棟札
祭神伊邪那美命・日本武尊
大工堀内要人亮呈矩・清水和泉充賢
建築様式 一間社 隅木入春日造 銅板葺 一棟
本宮拝殿 江戸時代末期
建築様式 切妻造 妻入 銅板葺 一棟
那智宮本殿弘化2年(1845)棟札
祭神事解男命
大工堀内要人亮呈矩・清水和泉充賢
建築様式一間社 隅木入春日造 銅板葺 一棟
那智宮拝殿寛政8年(1796)棟札
建築様式切妻造 妻入 銅板葺 一棟
  • 熊野皇大神社
  • Add to Flipboard Magazine.
ページトップへ