手習天神

神社建築サイトおみやさんcom

手習天神

てならいてんじん

木曽郡木曽町町組

  • 手習天神

手習天神国道19号線の走る木曽町。
その福島宿の北側、町組地区に手習天神は建っている。
木曽義仲を養育した中原兼遠が、学問の神として勧進したのが始まりと伝えられているという。

手習天神 手習天神

神社の規模は大きくなく、斜面に建てられ木々に囲まれ、あまり高さの無い明神鳥居が唯一の入口となっている。
社地には小さな土俵があり、毎年8月24日と25日、祭礼での相撲大会に使用されるという。

手習天神 手習天神

社殿は、一間社の流造。
本殿以外には、本殿に被さる覆屋があるのみで、拝殿などの社殿はない。
江戸時代に建築され、正面の梁上部に龍や、妻面に雲と笹などの彫刻が見られる。
覆屋にも壁がないため、じっくりと本殿の様子も見ることができる。

手習天神

所在地木曽郡木曽町町組
ホームページなし
本殿江戸時代末期
建築様式一間社 流造 銅板葺
  • 手習天神
ページトップへ
長野県の神社建築専門サイトおみやさんcom
copyright (c) 2006-20 omiyasan.com all right reserved