京都御苑 唐破風鳥居

神社建築サイトおみやさんcom
  1. >
  2. >
  3. 京都御苑 唐破風鳥居
京都御苑 唐破風鳥居

京都御苑 唐破風鳥居(京都府京都市上京区京都御苑内厳島神社)

きょうとぎょえん からはふとりい

京都御苑 唐破風鳥居 蚕ノ社の三柱鳥居、伴氏社の鳥居とともに「京都三珍鳥居」の一つに数えられる京都御苑の境内社厳島神社。
平清盛が母親のために安芸国の厳島神社から兵庫県築島へ勧請し、母を合祀したという。
その後、室町将軍だった足利義晴が上洛する際に細川高国邸の中に鳥居とともに遷されたが、1771年に九條家邸内にある拾翠池の島に移した。

京都御苑 唐破風鳥居 京都御苑 唐破風鳥居

唐破風鳥居と呼ばれるこの鳥居の形式は、島木と笠木が唐破風の形をしており、国指定の重要文化財になっている。
滋賀県の三上山に多くあったといわれ、御上神社にもあったところから、三上鳥居、御上鳥居とも呼ばれている。

ページトップへ