玉垣

神社建築サイトおみやさんcom
  • 玉垣

玉垣 社地の内側と外側を区別するために設けられた塀。
門や鳥居などの神社の入り口に設けられ、社殿を覆うように続いていることが多い。
社地を覆っているものや、本殿を覆っているものなど、神社によって複数の玉垣が巡らしていることがあるが、一般的には最も内側の玉垣を瑞垣と呼び、それ以外を玉垣や板垣などと呼ぶ。
木製や、石などの材質で作られているが、樹木が巡らされた柴垣が最も古い形式と考えられている。
瑞垣や神垣なども玉垣と同じ意味で使われる。

  • 玉垣
ページトップへ
長野県の神社建築専門サイトおみやさんcom
copyright (c) 2006-20 omiyasan.com all right reserved