胡粉摺

神社建築サイトおみやさんcom
  • 胡粉摺

東照宮 胡粉は顔料のひとつ。
貝殻から作られる、炭酸カルシウムが主成分。
かつて中国の西方を意味する胡から伝えられたことから、胡粉と呼ばれている。
日本画や日本人形の絵付けに用いられ、日光東照宮の彩色にも使用されている。

  • 胡粉摺
ページトップへ
長野県の神社建築専門サイトおみやさんcom
copyright (c) 2006-20 omiyasan.com all right reserved