千木

神社建築サイトおみやさんcom
  • 千木

仁科神明宮 仁科神明宮本殿の棟上で交差するように備えられた2本の木。
現在では神社建築だけに見られるもので、仁科神明宮などの神明造の社殿に多く見られる。
中でも、祭神が男神の場合、外削ぎ(先端を垂直に削る)形となっており、女神の場合は内削ぎ(水平に削る)の形となっているものが見られる。
古代、屋根を作るときに木材2本を交差させて結びつけた名残なのではないかと見られている。

図面:長野県史 美術建築資料編全一巻(二)建築

  • 千木
ページトップへ
長野県の神社建築専門サイトおみやさんcom
copyright (c) 2006-20 omiyasan.com all right reserved