熊野神社

神社建築サイトおみやさんcom
熊野神社

熊野神社(諏訪郡下諏訪町社7505)

くまのじんじゃ

  • 熊野神社
  • Add to Flipboard Magazine.

熊野神社 古くから
修験道が盛んな地域

諏訪大社下社春宮を見下ろすように、北側の山に建つ熊野神社。
杉に囲まれ、薄暗く緑の木漏れ日の中、石段が続く。
熊野神社が建つこの地区は、古くから修験道が盛んな地域として知られ、産土神として勧請されたのが始まりと伝えられている。

熊野神社 石段の中ほどには、町指定の文化財に指定されている行屋が建っている。
行屋は江戸時代の修験道で、行者の修行場所として建てられた。
もともと何処にでもある施設だったらしく、現在でいう公民館や公会所のような役割があったという。

熊野神社 熊野神社

熊野神社 石段を上りきると、拝殿と右手に寄棟の建物が建っている。
こちらの建物も行屋として使用されているのか、社務所や神庫のように使用されているのかは分からない。
切妻造の拝殿の前には御柱が建ち、背後の斜面に石段と本殿が続く。

熊野神社 熊野神社

本殿は江戸時代中期、1779年に建てられた大隅流の建築。
一間社の流造で、向唐破風が付き、細部には精細な彫刻が施されている。
棟梁は柴宮長左衛門。
この神社が建築された年代では、長左衛門は村田姓を名乗っていたため、村田長左衛門としての記録が残されている。

熊野神社 社地には、修験道の場所としての名残が多く見られ、さまざまな石碑や境内社が多く見られる。
修験者が心身を清めたという不動滝も神社の付近にあり、非常に趣のある神社となっている。

熊野神社

所在地諏訪郡下諏訪町社7505
ホームページなし
本殿町指定文化財
安永8年(1779)
大工村田長左衛門
建築様式一間社 流造 柿葺
行屋町指定文化財
明治初期
建築様式寄棟造 塗炭葺
  • 熊野神社
  • Add to Flipboard Magazine.
ページトップへ