白山神社

神社建築サイトおみやさんcom
白山神社

白山神社(木曽郡大桑村大字殿)

はくさんじんじゃ

  • 白山神社
  • Add to Flipboard Magazine.

白山神社 木曽川が流れ、旧中山道の宿場町が並ぶ大桑村。
木曽福島から中津川へ走る国道が木曽川をなぞり、白山神社の建つ殿地区は、その国道から木曽川を渡った対岸にある。
いくつもの家が並ぶ集落の山腹に祀られ、石造の鳥居から石段と参道が続く。
山の中に建てられている神社だけあって、その斜面の勾配は急。
参拝の際には転倒に気を付けたい。

白山神社 社殿は切妻造の拝殿と、4つの本殿とそれを覆う上屋。
横には境内社がいくつか建っている。
本殿は全てが鎌倉時代の建築で、橘宗重によって建立された。
一間社流造で統一され、見世棚造、懸魚の猪の目、裏甲のない茅負、面取りの大きな柱など、中世鎌倉時代の技法が残されているという。

白山神社 特に白山社の本殿には、扉に方立柱があり、垂木が密に配置されているところなど、他の3社に比べて造りが入念になっている。
間口が1mほど、奥行きでも1.3mほどの社殿だが、長野県内最古の神社建築として国指定の重要文化財になっている。

白山神社

所在地木曽郡大桑村大字殿
ホームページなし
祭神菊理姫尊
本殿国指定重要文化財
元弘4年(1334)棟札
大工七郎橘宗重
建築様式一間社 流造 檜皮葺 一棟
境内社蔵王神社国指定重要文化財
元弘4年(1334)棟札
大工七郎橘宗重
建築様式一間社 流造 檜皮葺 一棟
境内社伊豆神社国指定重要文化財
元弘4年(1334)棟札
大工七郎橘宗重
建築様式一間社 流造 檜皮葺 一棟
境内社熊野神社国指定重要文化財
元弘4年(1334)棟札
大工七郎橘宗重
建築様式一間社 流造 檜皮葺 一棟
  • 白山神社
  • Add to Flipboard Magazine.

この記事をご覧いただいた方のコメント

お名前:孝風さん

今年(平22)から溯って676年の歳月が経っているにもかかわらず、鎌倉時代の建築様式がそのまま拝見出来るという事は、驚きです。
元寇以来の政局不安の中で、諸国では悪党が活動し、幕府は次第に武士層からの支持を失っていた時代に、郷士 三郎光友や大工 七郎橘宗重 等はどのような「願いやこころざし」を抱いてこのお宮さんを造ったのでしょう。

ページトップへ