伊射波神社

神社建築サイトおみやさんcom

伊射波神社

いざわじんじゃ

三重県鳥羽市安楽島町字加布良古1210

  • 伊射波神社

伊射波神社 鳥羽市に鎮座する志摩国一宮。
市内の安楽島町の半島、加布良古崎の中心に建っているため、加布良古大明神、かぶらこさんなどと呼ばれているという。
創建から1500年以上経っていると言われているが、その詳細は分からないという。

伊射波神社 集落から神社までの参道は、竹と畑に囲まれた細い道が続く。
鳥居は海岸に海に向かって立つ神明鳥居。
そこから加布良古崎の中心に向かって参道が山の中へ向っている。
二の鳥居は参道を登りきった先に設けられている。

伊射波神社 伊射波神社

伊射波神社 徒歩で40分ほど、参道を歩き切った先に建つ社殿は、切妻の拝殿と、その背後に本殿。
内削ぎの千木と、4本の鰹木、2本の棟持ち柱を神明造。
規模は小さいが、神宮系神社の特徴を持った社殿となっている。

伊射波神社

伊射波神社

所在地三重県鳥羽市安楽島町字加布良古1210
ホームページナシ
祭神多紀理比売命・伊佐波登美命・玉柱屋姫命・狭依姫命
建築様式神明造
  • 伊射波神社
ページトップへ
長野県の神社建築専門サイトおみやさんcom
copyright (c) 2006-20 omiyasan.com all right reserved