宮上諏訪神社

神社建築サイトおみやさんcom
宮上諏訪神社

宮上諏訪神社(南佐久郡小海町千代里宮上)

みやうえすわじんじゃ

  • 宮上諏訪神社
  • Add to Flipboard Magazine.

宮上諏訪神社 小高い千代里の斜面に建つ宮上諏訪神社は、960年頃、諏訪から勧請したと伝えられている。
天正時代に火災で焼失したという。
現在の社殿は1830年に周辺の5ヵ所の総社として建てられることとなったもの。
参道に続く石段には木製の両部鳥居が1基。
社殿は流造のような形を持つ拝殿、その脇に社務所が建てられている。

宮上諏訪神社 宮上諏訪神社

拝殿の中に建てられた本殿は、1830年建築の一間社流造。
諏訪の立川和四郎について彫刻を学んだ2代目清水惣兵衛重貴が大工棟梁として手掛けた。
宮上諏訪神社 4本の円柱は直径18cmと太いものが使われ、三手先斗拱の立体的な組込みも力強くなっている。
向拝や虹梁に設けられた彫刻には勢いがあり、特に海老虹梁に絡みついた龍の形相は特徴的で迫力がある。
南側の壁には、牡丹の花の中で子獅子と鞠で遊ぶ親獅子の優しさ、逞しさを鍛える厳しい親心を示しているという。
正面と側面には縁が廻され、左右の脇障子には、南側に隼、北側に象の透彫が施されている。

所在地南佐久郡小海町千代里宮上
ホームページナシ
祭神<建御名方命・八坂刀売命・事代主命
本殿町指定文化財
天保7年(1836)棟札
大工清水惣兵衛重貴
建築様式一間社 流造 柿葺
  • 宮上諏訪神社
  • Add to Flipboard Magazine.
ページトップへ