筑摩神社

神社建築サイトおみやさんcom
筑摩神社

筑摩神社(松本市大字筑摩2973)

つかまじんじゃ

  • 筑摩神社
  • Add to Flipboard Magazine.

筑摩神社-松本市市街の中心地と薄川をはさんで建立されている、松本では有名な神社のひとつだそうだ。
以前、たびたび氾濫をしたため、地上げをしたといわれている。
社地の入り口には、石造の両部鳥居が設けられている。
社票は八幡宮。
もともと、国府のあったところといわれ、国府八幡社とも呼ばれるところに由来していると考えられる。

筑摩神社-松本市 筑摩神社-松本市

筑摩神社-松本市石造の鳥居から社地に入ると、さらに赤く塗られた両部鳥居が構えられている。
その背後に門、塀で囲まれた社殿が建つ。
拝殿は、県宝に指定されている桁行三間梁間三間の入母屋造り。
正面に一間の向拝があり、柿葺の屋根の勾配が緩く、全体的に軽快で優雅な外観を持つ建築物となっている。

筑摩神社-松本市 筑摩神社-松本市

垂木等の各所には朱塗や黒漆塗の跡が残っており、組物や蟇股等には極彩色がされた跡がある。
このことから 、建築当初は軸部材は朱塗や黒漆塗が施されており、木鼻・組物・蟇股等には極彩色の文様彩色、蟇股内部の彫刻は極彩色で仕上げられていたと考えられている。
この拝殿は長野県内では、純粋な桃山様式で建てられた社寺建築として唯一の遺構であり、その工事は近畿地方から招かれた工匠によって行われたと考えられている。

筑摩神社-松本市 本殿は三間社の比較的大きなものとなっている。
室町時代の永享11年(1439)に守護の小笠原氏が再建、献納したものといわれる。
拝殿と同じように全体を色彩で装飾されており、屋根は桧皮葺き。
様式、組物などに建立当時の特長が残り、建築物として優れた文化財の指定を受けている。

筑摩神社

所在地松本市大字筑摩2973
ホームページなし
祭神誉田別尊・気長帯比売尊・多紀理昆売命・狭依昆売命・多紀都比売命
本殿重要文化財
永享11年(1439)
建築様式三間社 流造 檜皮葺 一棟
拝殿県宝
慶長15年(1610)棟札
建築様式桁行3間 梁間3間 入母屋造 妻入 向拝一間 柿葺 一棟
  • 筑摩神社
  • Add to Flipboard Magazine.
ページトップへ