小俣諏訪社

神社建築サイトおみやさんcom
小俣諏訪社

小俣諏訪社(松本市笹賀小俣1822)

こまたすわしゃ

  • 小俣諏訪社
  • Add to Flipboard Magazine.

小俣諏訪社 この地区一帯の鎮守として創建されたという小俣諏訪社。
平安時代にはこの場所に建っていたと考えられている。
西側には北アルプス、東側には美ヶ原の山々が見える平地に建っており、すぐ近くには松本空港がある。
田畑と集落に囲まれた中に、こんもりとした社叢があり、赤く塗られた鳥居から真っ直ぐに参道が続いている。

小俣諏訪社 小俣諏訪社

瓦葺きの拝殿は、平入りの入母屋造り。
その背後には瑞垣に囲まれた、左右を囲われた本殿が建っている。

小俣諏訪社 本殿は柴宮長左衛門による大隅流の建築。
一間社流造の建築様式で、現在は銅板が葺かれているが、もともとは柿葺だったという。
たくさんの彫刻が施されており、脇障子の七賢人、その上部に設けられた上の昇り竜と下り竜の彫刻がとても迫力がある。
社殿正面の縁の下の羽目にまで彫刻が見られるという。

小俣諏訪社

所在地松本市笹賀小俣1822
ホームページなし
本殿市重要文化財
天明6年(1786)
大工柴宮長左衛門
建築様式一間社 流造 銅板葺
  • 小俣諏訪社
  • Add to Flipboard Magazine.
ページトップへ