権現造

神社建築サイトおみやさんcom
  • 権現造

権現造 拝殿と本殿を石の間、相の間で繋ぎ、複数の建物を継続させた複合社殿。
本殿は入母屋造りであることが多く、そこから一段低くなったところに相の間が設けられる。
もともと相の間は土間だったもので、後の時代に木や石が張られるようになった。

写真:日御碕神社 神の宮

権現造のある神社

  • 権現造
ページトップへ
長野県の神社建築専門サイトおみやさんcom
copyright (c) 2006-20 omiyasan.com all right reserved