霜月祭

神社建築サイトおみやさんcom
霜月祭

霜月祭(飯田市上村上町)

しもつきまつり

霜月祭 12月、長野県の南端、遠山郷と言われる旧上村と旧南信濃町にある各地の神社で夜を徹して霜月祭が行われる。

飯田市から喬木村を通り、北側から上村へ入り、上村川沿いに南下すると上町地区に着く。
江戸時代には秋葉海道の宿場町として栄え、現在の上町は小学校や中学校の建つ静かな集落となっている。
上町系の霜月祭が行われる正八幡宮は宿場町の中に建つ神社で、すぐ横には上村川が流れる。

霜月祭 正八幡宮は、応神天皇を祭神として祀る神社で、元和年間には滅亡した遠山氏の霊を慰めるために八社として祀られたという。
他にも地域の神々が合祀された神社で、上町の産土神として祀られている。

霜月祭 霜月祭

霜月祭 霜月祭

国の重要文化財になっている霜月祭は、神仏混淆の行事で、拝殿と一体化した舞処の中に竈が造られ、一晩かけて湯を沸かしながら舞が奉納される。
祭りの間に舞われる形や、その順序などの違いで、上町系や下栗系、木沢系、和田系と地域別に分類されるという。
祭りがおこなわれる日や、進行する時間も神社によって異なっており、上町正八幡宮の霜月祭は、第2土曜日の午前11時から翌日曜の朝7時ごろまで行われた。

霜月祭 霜月祭

拝殿での大祭を始めとして神事が始まり、延々と竈の周りで舞が奉納される。
午前2時ごろ、神面の舞で付けられる面が神社の奥から取り出され、面改めが行われる。
面はそれぞれ土地神をあらわしており、稲荷や山の神、天狗などがある。
面を付けて舞を行う面役になると、午前3時ごろに裸で上村川に入り、禊をして舞に備える。

霜月祭
舞の前に竈の4方位で祈る
霜月祭
午後7時からの子供の舞
霜月祭
本殿の横で行われた面改め
霜月祭
竈の前で印が結ばれる

霜月祭 霜月祭

最初に面を付けて出てくるのは、神太夫爺と婆の舞。
地元からは「おじい、おばあ」と呼ばれて親しまれているようで、御幣を掲げて出てくる爺、榊を振り上げて見物客を叩いて歩く婆。
この二人の登場は物語になっており、老いた夫婦がお伊勢参りに行く途中でこの祭りに出会い、そのままお参りをして帰るという。
お参りをした爺の腰が伸び、婆の皺が伸びるという掛け声がユニークで、婆の榊で叩かれるとご利益があるといわれている。

霜月祭 続いて現れる八社は、爺と婆の騒ぎからは一転して静かな舞が行われる。
戦国時代、この地方を治めていた遠山氏は、圧政から百姓一揆に遭い、大鹿村で襲撃されたという話しがあるという。
八社は、その一族の怨霊の面と言われており、源王大神、政王大神、石清水八幡と鶴岡八幡の両八幡、住吉、日吉、一の宮、淀の明神といわれている。

霜月祭 霜月祭

八社に続いての舞は、稲荷と山の神。
赤い装束に鈴と扇を持って舞う稲荷と、荒々しい面を付けた山の神が登場すると、舞の静けさが一変する。
地元の見物客の「ヨーッセ」という掛け声が掛ると、その声に乗って舞処を飛び回る。
たくさんの見物客が集まり、狭かった建物がさらに狭くなり、押しあいながらのところに、稲荷と山の神が飛び込み周り、押されてよろける人や、倒れる人、しっかりと受け止めようとする人など、騒々しくも賑やかになる。
おそらく稲荷と山の神を知らずに見物に訪れる人たちには、迷惑でしかない時間なのではないかと思われるが、もともとそういった祭りであることと、そんな中でも外来の見物客への飛び込みが最低限になるように体を張っていた地元の祭関係者の方々の姿はとても印象的だった。
霜月祭は、「担ぎ祭り」や「押し祭り」と呼ばれる一面もあるようで、その昔、祭りの夜には若者が女性を担いで回ったという話しや、見物客が押しあいをするところから出た言葉だという。
霜月祭の中では、この時間が最も騒々しく盛り上がり、華やかなところではないかと思う。

霜月祭 稲荷と山の神が下がると、天狗の面を付けた四面が登場する。
水王、土王、木王、火王という四面。
水王と土王が湯を吹き冷まして、火を小さく収めるという。
木王と火王は、息を吹きかけることでお湯をより熱くするという。
霜月祭の中でもっともよく知られているシーンは、この4面によって行われる湯切りで、湯がグラグラと沸く2つの竈に、素手を突っ込み、禊を行う。
周りにも熱湯が飛ぶが、この湯にかかると厄払いになると言われている。

霜月祭 霜月祭

面の最後に登場する天伯は煌びやかな衣装に弓矢を持つ。
東西南北の方位、天と地に向って弓を引き、悪鬼と外道を追い払うと言われている。

霜月祭 面の舞が全て終わり、霜月祭の最後は、神送りが行われ、祭りが閉じる。

ジブリ映画のアイディアになったといわれる霜月祭は、そのせいか見物客が増えたと聞いた。
疲れて湯治にやってくる神々という映画のストーリーと、竈に神々を招き神楽歌が繰り返される霜月祭。
映画のイメージのままより、映画には表されなかった霜月祭で行われる神事の雰囲気や荒々しい場面を知って欲しいと思う時間だった。

霜月祭

この記事をご覧いただいた方のコメント

お名前:お祭り狂いさん

去年の上町の霜月祭りには私も行きましたが、何度行っても楽しいですね。特に、おじい、おばあと四面は最高に楽しいです。それと、山の神の写真には友人も写ってました。今度は上町だけでなく、是非中郷や下栗、程野や木沢、和田なども訪ねてみてください。各神社で様々な違いがあり、それを探すのも楽しいですよ。

ページトップへ