鹽竈神社

神社建築サイトおみやさんcom
鹽竈神社

鹽竈神社(宮城県塩竈市一森山1番1号)

しおがまじんじゃ

  • 鹽竈神社
  • Add to Flipboard Magazine.

鹽竈神社 宮城県塩竃市に建つ陸奥国一宮。
全国にある塩釜神社の総本社で、別宮に塩土老翁神を祀り、左宮に武甕槌神、右宮に経津主神を祀っている。
創建は、武甕槌神、経津主神が東北平定の際に先導をした塩土老翁神が、この地に製塩を伝えたところからとされている。
平安時代には奥州藤原氏から、江戸時代には仙台藩からも厚く崇敬されていたという。
明治時代には社地に志波彦神社が遷座し、現在でも大きな鳥居と社殿が建っている。

鹽竈神社 神社へは、長い石段の南側の鳥居と、志波彦神社のある東側の鳥居がある。
石段を上った先には随神門が建つ。
鮮やかな彩色がされた楼門で、先には瑞垣に囲まれた社殿が見える。

鹽竈神社 鹽竈神社

鹽竈神社 東側からの参道には、石造の明神鳥居が建ち、長い石段ではなく社叢に囲まれた石畳が続く。

社地への入口の唐門は切妻造りの四脚門。
周囲の瑞垣と同様に赤く塗られ、屋根は銅板葺き。
木鼻や蟇股などに彩色が施されている。

鹽竈神社 鹽竈神社

鹽竈神社 瑞垣に囲まれた社殿は、右宮と左宮の拝殿、別宮の拝殿が建っている。
どちらも入母屋平入りの建物で、木部を赤く塗り、木鼻には大きな獏や獅子の大きな彫刻が取り付けられている。
それぞれの柱間の蟇股には彫刻と彩色が施されている。

鹽竈神社 瑞垣の外に設けられた境内社も、他の建築同様に赤く塗られた社殿が並ぶ。
いずれも流造となっており、上屋が掛けられている。

鹽竈神社 鹽竈神社

鹽竈神社 社殿の隣に建つ境内社の志波彦神社は、鹽竈神社の東側に位置し、入口には朱色の大きな明神鳥居が建っている。
瑞垣に囲まれた入口には神門が建ち、正面には鹽竈神社と同じ様式の拝殿が建っている。
明治に現在の位置に遷された、昭和9年に改築工事が行われ、極彩色の彫刻や彩色などの鮮やかな社殿となり、塩竃市の文化財に指定されている。

所在地宮城県塩竈市一森山1番1号
ホームページhttp://www.shiogamajinja.jp
祭神塩土老翁神・武甕槌命・経津主神
重要文化財左宮本殿
左宮幣殿
右宮本殿
右宮幣殿
左右宮廻廊
左右宮瑞垣
左右宮拝殿
別宮本殿
別宮幣殿
別宮廻廊
別宮瑞垣
別宮
門及び廻廊
随身門重要文化財
元禄17年(1704)
建築様式三間一戸楼門 入母屋造 銅板葺
  • 鹽竈神社
  • Add to Flipboard Magazine.
ページトップへ